PROFILE

ホームセンターのバイヤー兼スーパーバイザーとして仕入れや店舗指導を経験し、当時8人のデザインワン・ジャパンの営業チーム・正社員一人目として2010年に入社。前職で培ったお店への経営アドバイスやサポート経験を現在の仕事にも活かしている。社長と共に営業活動を行っていた時代にはエキテンのフリーペーパー版も手がけていたが、WEBに一本化するという重大決断に一石を投じた密かな伝説あり。創業期から一貫して営業部門を支えている。

事業内容

大都市も地方も、人口や事業の規模に関わらず、個人経営のお店も含め、駅のあるところ全てのエリアでエキテンサービスを展開しています。創業当初から全国規模でお店の情報を掲載するという姿勢は変わっていません。 エリアやジャンルを特化せず、国内すべての経営者にアプローチしてきた積み重ねが、“エキテンにしかない情報”を顕在化することに成功しています。またエキテンの存在によってインターネット上での情報発信が活発になることで、地域のお店にビジネスチャンスを創出しています。

課題と仕事の面白さ

店舗経営者の方には「チラシ広告で十分」という考えや、「どんな効果があるか分からないのに利用できない」といった意見が根強くあります。そんな中でも、実際にエキテンを利用していただくことでネットに対する何かしらの新しい手応えを感じてもらえる店舗様がいらっしゃるのが、営業として一番嬉しいことです。 私自身、エキテンの立ち上げ期には飛び込みで一軒一軒営業を重ね、全く相手にされない日々を過ごしました。それでも、店舗の方と徹底的に対話し、そのご意見を参考にサービスや営業手法の改善を繰り返すことで、少しずつですが受注を重ねることができました。現在のエキテンはテレマーケティング中心ですが、徹底的な対話と、そこから得られる期待を大切にする姿勢は当時から変わりません。有料・無料会員を合わせて10万店を超える規模になったこと、また扱っている商材の解約率が大変低い数値であることは、私たちの誇りです。

提供しているサービス、バリュー

インターネットの技術が進化していても、一部の人たちにしか使いこなせない状況では、インターネットに関して本業でないお店の人たちがインターネット技術のせいで不利な状況になってしまう。これは本当にもったいないと感じます。だからこそ、すべてのお店がインターネット技術を活用できる、良い意味で敷居の低いサービスを提供していくことが重要な要素だと思っています。 ある店舗経営者の方は、毎月、エキテンも含めた各種媒体経由の集客を数値としてまとめ、エキテンのサポートセンターにメールで送って下さいます。店舗様向けの新機能をリリースした際には、真っ先にその機能を使った感想や実際の反響まで細かくレポートして下さるので、エキテンがきっかけで新しいリアクションが生まれていることを実感でき、本当に嬉しく思っています。また、ITのリテラシーがそれほど高くない方でも、こうやってエキテンを使いこなして下さっていることに、私たちが提供しているサービスの価値を実感しています。

今後目指したいこと

個人でやっているお店も大規模なチェーン店も、同じように本来の魅力を伝えていけるサービスを提供していきたいです。これまでは資本力のあるところが勝ち残っていきやすい部分もあったと思いますが、技術が高いとか、落ち着くとか、顧客から支持されている店舗の良さをきちんと発信していければと思います。そのためにも、まだアピールしきれていないお店にアプローチし賛同して掲載頂いて、ユーザーにも喜ばれる、サイトも賑わうという循環を創り出したいですね。頑固な職人さんがいるこだわりのお店であったり、知られていないだけで、本当に温かくて良いお店であったりと、隠れた名店を隠れたままにしないのが目標です。

〉 インタビューページ一覧へ
ENTRY
エンジニア募集中!GitHub採用はこちら