PROFILE

大手シンクタンクで仕様や設計などの上流工程でのシステム開発に携わった後、もっと開発やものづくりの現場に携われたり、自分のアイデアを具現化したいという気持ちから、知り合いを通じて知ったデザインワン・ジャパンに関心を持つ。会社の理念や社長の考えに共感し、業務内容の面白さから転職を決意し、2015年に入社。社内のゴルフ部長として、社内コンペなどを盛り上げている一面も。

転職経緯

大学卒業後は大手シンクタンクに就職し、上流工程をやっていましたが、開発の現場に携わりたいという希望や、将来的に独立への関心もあったことから、大手に一生いるよりベンチャー企業で働いてみたいと思うようになりました。また、BtoCは自分自身がユーザーになれるので面白いので、BtoBではなくてBtoCの仕事をしたいなっていうのもありました。そう考えて、WEB系で自分で手を動かせる会社を探していたら、デザインワン・ジャパンに出会いました。実はそのときすでに友人が営業として勤めていて、離職率が低いとかどんなことが課題なのかを事前に聞けたのが大きかったです。

仕事内容・やり方

エキテンを利用してくださるお客様から要望された直してほしいところ、こうしてほしいっていうところのタスクが最優先にあります。仕事をすすめる上では当然優先順位をつけて動いていますが、基本的には顧客対応が最優先です。今はまだ会社の規模があまり大きくないので、エンジニア、営業、開発部門で細かい担当や縦割りにはしていないです。企画の内容、やりたいこと、やらなければいけないことを、活用できるリソースを見ながら順次取り組んでいます。

社風

WEBの会社って朝遅くて夜遅くまで働いているのが当たり前なイメージもありますが、うちの会社は遅くても10時過ぎまでに帰っています。場合によっては無理のないようにリリースを後ろ倒しすることもあります。もちろん、これは無理にリリースを早めた結果、サービスを提供している店舗に迷惑をかけることがないように、という意図ですが。エンジニアと企画と営業のパワーバランスも、とてもよくとれているように感じます。社長がエンジニア出身で、リソースが潤沢でない頃には自ら企画・営業を経験しながらエキテンを立ち上げたという経験をお持ちなので、どの業務についても理解があるというのが大きいかもしれません。

やりがい、面白さ

自分ではなければつくれないサービスをつくれる部分はエンジニアとかものづくりの面白さだと思います。自分のアイデアを出しながらつくれる環境も魅力的です。店舗、ユーザー、社内のスタッフが触るそれぞれの部分では、当然開発の思想、どうあるべきか、というのが異なっているわけですが、その全部に触れられるのは面白いです。いろんな思想のシステムに同時に触れられるというのは、なかなかないですよ。会社が大きくなればなるほど。営業支援のシステムも自分たちで作っていますし。エンジニア主体で出発し、成長してきた会社なんだなと感じることが多いです。

今後について

人工知能の分野で、これから先、10年以内に人間の仕事がほとんど人工知能に変わる状況が訪れると言われています。多くの色々な企業が人口知能に関して取り組んでいますけど、デザインワン・ジャパンでも、うちにしかない強みをうまく組み合わせれば、特に店舗に対して面白いことができるんじゃないかと考えています。実際、上場を期にそのあたりの技術研究・ラボ的取り組みを始めたところなので、そこに興味のある人も大歓迎です。常に社会は変化していくと思うので、時代の変化、次のステップに合わせて考えていくのが大切だと思います。

〉 インタビューページ一覧へ
ENTRY
エンジニア募集中!GitHub採用はこちら