PROFILE

ベンチャー企業ながらも堅実的な雰囲気があることに魅力を感じ、2015年に新卒で入社。法人営業チームに配属され、企業や店舗経営者との商談や、次の一手をどうするかを探りながら前進する日々を送っている。大学時代はスキーサークルに真剣に取り組み、卒業後もシーズン中はスキーに出かけているほど。飲み会の時は周りにお酒を勧めてまわるといった、隠れ体育会系の一面も。早稲田大学出身。

デザインワン・ジャパンに入社した経緯

大学時代、スキーサークル活動で山にいることが多く、地元に人を呼ぶために様々な活動をしている人と関わる機会が多かったんですね。なので最初は漠然と「地域を活性化する」というエキテンのサービスコンセプトに惹かれました。そうして面接を受けて、いざ社長とお話しすると、他のベンチャーにはない空気感でした。何も考えずゴリゴリ走る感じではなく、とても堅実で、でも将来実現したい事業のイメージを語るときはすごく楽しそうにされていて。正直、決して口が上手な方ではなくて、むしろ口下手で(笑)、でも一生懸命夢を語っているのを見て、素直に惹かれました。もちろん社長の雰囲気だけでなく、堅実な社風と社員の裁量の大きさが同居している、ちょっと珍しい会社だなと率直に思ったのも入社のポイントでした。

仕事内容

数十店舗、何百店舗と展開されている大きな企業様に対して、エキテンのサービスをご提案しています。実際に企業へ足を運んで訪問して、ご提案だけでなくご要望等を聞いたりもしています。まだ1年目なので経験は少ないのですが、訪問させていただく中では、最初から画一的な提案をするよりも、その場の相手に合わせたり、相手のことを聞かせてもらったりして状況を把握しながらコミュニケーションをとるのが大切なのかなと感じています。最近は企業さんのほうから問い合わせをいただいて、説明に伺うこともあります。エキテンもっと活用してもらえるように、お店の手間をとらせないようなサイトになるように、お客さんの声を社内に伝えていくことにも、営業の役割はあるのかなと思います。

社風

例えば法人営業チームでも、闇雲に飛び込み営業をしたり値引きしたりというのではなくて、どんなジャンルでどんな企業にアプローチしようか、どういう提案をお持ちすれば無理のない範囲でWinWinになれるのか、綿密に相談しながら進めているイメージです。それが伝わっているのだと思いますが、お客様にも、IT関連のベンチャーとしてはすごく真面目な雰囲気の会社だと言われます。ベンチャーだけど堅実で理性的、というのが一番の特徴になると思いますね。会社の飲み会をみても、落ち着いた雰囲気ですし。個人的にはもっとお酒を飲みたいのですが(笑)。

大切にしていること

学生時代の話をすると、スキーサークルにほぼ費やしていて、ゴリゴリ体育会系でした。サークル幹部として、まずその期の方針と目標を決め、それに沿ってトレーニング内容、年間イベント、合宿内容など決めていました。各タスクがどのように全体の目標につながるのか意識できるようになったのは、今にして思えば今の仕事に欠かせない、大切な要素だと思います。 また、内定後にはアルバイトとして、小さな個店への電話営業をしました。最初はちょっと嫌だったんですが(笑)、顧客がどのような部分でエキテンに興味を持ち、申込まで至るのか経験することができたのは、大きかったです。これもスキーサークルでの経験と一緒で、どういう要素が目標にどうつながるのかを理解できて、自然に意識できるようになったというか。電話営業の経験は重要な「研修」になったと感じています。

今後について

自社サービスの営業は、直接利用者様とお話でき、実際の店舗スタッフさんの気持ちなどもお伺いする事ができるので、そこが面白いです。自社サービスだから、しっかり社内に伝えてサイトをもっとよくしていくこともできます。せっかくそういう立場で営業ができるので、それをフルに活用してサービスを提案するため、交渉力や商談力をしっかり身に付けていきたいです。また、まだ新人の立場なのに経営者の方々にご提案する役割につかせて頂いているのも貴重だと思うので、会社の期待に応えられるよう、一つひとつ自分のスキルを上げていきたいです。

〉 インタビューページ一覧へ
ENTRY
エンジニア募集中!GitHub採用はこちら