PROFILE

ベンチャー企業にて「UI/UXデザイン」「フロントエンド」「SEO・コンテンツ企画」の3つの領域の責任者として勤務。フロントエンド、デザイン、ディレクション、プロジェクトマネージャーも務めていた。退職後はフリーランスとして活躍し、2017年に当社へ入社。デザイン戦略部門の責任者として組織をまとめている。社外ではクリエイターを集めた任意団体を結成し、Web、アプリなど幅広い領域にて活躍中。

デザインワン・ジャパンとの出会い

長年勤めていたWebの事業会社を辞め、フリーランスで活動していた時期に、知人から当社の話を聞いたことが出会いのきっかけです。私は地方出身ということもあり、以前から地方のために貢献する取り組みをしている会社に興味を持っていました。そのようなことから、エキテンには全国各地の地域経済を活性化する仕組みがあると思い、話を聞いてみようと当社に応募したのです。デザイン・技術よりもスピードや利益重視の企業がまだ多い中で、これからはデザインやブランディングを経営課題として考えていくべきではないかと面接で話したところ、社長からぜひ取り組んでほしいとのご返答をいただきました。デザインの重要性に経営陣の理解がある会社であればと入社を決意しました。

仕事内容

エキテンでユーザーが閲覧する画面などのUIや、サイト内でのUXの設計に関わり、デザインやサイトのパフォーマンスを改善して使いやすくしていくのが主な仕事です。エキテンは、良くも悪くも10年以上にわたって積み上げてきたサービスなので、構造やデザインに現代的な新しさはなく、決して使いやすいとは言えません。より良いサービスにしていく要素がいくらでもある状況ですから、その改善に取り組み始めているところです。ユーザーが気持ち良く、ストレスなくサービスを使えるようにフロントエンド・デザインの2つの領域から改善をしていくのがミッションです。妥協はしたくないので、自分自身で納得できるものをユーザーに提供していきたいですね。

社風

ここ数年で当社は社員が増え、スピード感も加わり、会社がどのように成長していくかの過渡期にあると考えています。社長をはじめとする経営陣が、社員の話をしっかりと聞き入れてくださるので、積極的に前向きな提案ができる環境です。新卒入社の社員も多々いますが、最近は私と同じような中途入社の社員も増えてきているので、アウェー感はありませんし、人柄の良い社員の方たちばかりなので、人間関係も良好で落ち着いて仕事ができる職場です。

やりがいと面白さ

オールジャンルを特長とするエキテンは、幅広い世代と性別に対して、どこまでケアした取り組みができるのかが課題として挙げられます。なぜなら、世代や性別によって趣味嗜好が異なるため、万人受けするデザインは存在しないと考えているからです。それでも、幅広い層に受けるデザインや設計を作ることができれば、大きなやりがいになるはずです。これは面白い挑戦だと思っています。ユーザーから自分たちが取り組んだことに対する反応がダイレクトに返ってくるので、それを踏まえた改善もしやすく、面白い部分です。例えば、入力フォームの表示を少しだけ変えてみても、使われなくなってしまうこともあれば、急に使われ始めることもあるなど、数字となってすぐに表れます。私にとってのユーザーの定義は、「店舗」「利用者」「社員」など、サービスに関わる全ての方だと考えており、どのように変えたら使いやすくなるのか、楽に使えるのかを考えるのもやりがいの一つです。そのあたりは仕事のモチベーションにもつながっています。

今後の目標

ユーザー目線でサービス全体の設計を考え直し、エキテンを丸ごとリニューアルさせたいと考えています。そのためには、クリアすべき課題が多くあるのも事実。エキテンはまだまだポテンシャルがあると考えています。サービスとしての歴史も長くなってきた今だからこそ、古い仕組み・デザインを変えていくタイミングだと思っています。しっかり改善することができれば、今以上に良いサービスが提供できるはずです。一つずつ課題を解決していき、ユーザビリティやアクセシビリティはもちろん、今まで取り組めていなかったブランディングの観点からも戦略を立てて取り組んでいくことで、大きな効果が見込めると考えています。「何でも検索できるものと言えばエキテンだよね」と、広く認知されることが私の今後の目標です。

〉 インタビューページ一覧へ
ENTRY